FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FC2 Blog Ranking人気blogランキング|--/--/--|スポンサー広告
Net InfoのTOPへ↑
ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?
ウィリアム パウンドストーン
青土社 刊
発売日 2003-06


マイクロソフトで採用面接を受けたことがある人は、本書のタイトルのような質問におぼえがあるはずだ。このほかにも、「なぜマンホールのふたは丸いのか?」「どうやってM&Mチョコレートを作るか?」「アイスホッケーリンクの総重量は?」「世界中のピアノ調律師の数は?」といった質問に頭を悩ませたことがあるかも知れない。こういった特定の専門分野に限らない一般的な問題解決能力を測る試験は、マイクロソフトや他の技術系企業、ウォール街の採用面接においてお決まりのものとなっている。 本書は複数の目的から書かれている――企業の採用活動に関する研究書であると同時に、IQ試験の意味についての本でもあり、面接の歴史についての本、パズル本でもある。科学ライターである著者のパウンドストーン(『Carl Sagan: A life in the Cosmos』の著者)はこうした面接の背景を明らかにしている。率直な文章によって、面接における論理性を見るための質問のルーツ(おそらく、1957年のショックレー半導体研究所において初めて現代的な形で現れた)を示したり、採用試験におけるIQ試験の歴史や心理学的研究、マイクロソフトで採用試験を行った人・受けた人へのインタビューを通じて、「あなたの強みと弱みは何ですか?」というありふれた質問をする代わりに、論理クイズをしたほうがよい状況を解説している。 本書の半分はこれらの質問に関する「答え」に費やされており、頭をひねる各問への解説が与えられている。特定の読者を想定した本ではないが、興味深い話題をとりあげた楽しく読める本である。 Copyright 2003 Reed Business Information, Inc. 面白い本ですね 2007-11-14 企業がどのように採用の選考を行ってきたのか、
その変遷を追いながら理由を探った本です。

就職前に知ってていい話とはいえ、面白いのは問題編でしょう。
中には専門的な話が出てきて良く分からないものもありましたが、
基本的には頭の体操として面白いのではないでしょうか。

力技で解いているものに関してはこの類ではありませんが、
視点を変えて物事を捉えることは大いに役立つことでしょう。
さらに詳しい情報はコチラ≫


スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking人気blogランキング|2007/11/30|BOOK
Net InfoのTOPへ↑
楽天でポイントを貯めよう!

宿泊予約は、楽天トラベル

スポンサードリンク


カテゴリー
ブログ検索
Web Info
Book Info

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。